事務所紹介不動産相続の弁護士

本サイトは相続トラブルの紛争解決や個人富裕層税務を専門とするnagatacho groupが運営する相続専門サイトです。
薄利多売に走る弁護士事務所とは一線を画し、見える化やクライアントのコスト削減などの実現により、サービスの質にこだわります。
日本全国・海外在住の方からご依頼いただいております。
ほかの弁護士事務所で相談後に、ご連絡ください。

nagatacho groupが受任する相続裁判の特徴

1 難しい相続裁判が中心

弁護士部門の相続業務は裁判に特化しています(相続手続業務はお受けしていません)。
遺言無効確認訴訟や、家族内ドロボーに対する不当利得返還請求訴訟など、1年以上を要する難しい相続裁判を多く解決。
ほかの弁護士が断った事件や、前の弁護士から乗り換えて依頼を受けた事件でも、満足していただいています。
難事件を中心とする相続裁判のノウハウは、「家族内ドロボー」(光文社)をはじめとする多くの著書にまとめています。

2 相続税がかかる相続の遺産分割を、弁護士+税理士の観点から解決

遺産分割において相続税の話は切っても切り離せません。
誰がどの財産をもらうかで、税引き後の取り分が変わります。
遺産分割で多くの財産を手にしても、多額の相続税を支払うことになってしまっては、かえって損をしてしまいます。
相続税がわかる弁護士がいる。弁護士業務ができる税理士がいる。
ほかの事務所にはない強みです。

3 相続裁判のノウハウを情報公開

相続裁判に関する情報を、相続問題でお困りの方に対して積極的に公開しています。
遺産分割事件の経験は統計的に、特定の弁護士に偏りがちです。
年間遺産分割事件数を弁護士数で割ると約0.312となり、平均的な弁護士3人が集まっても1年間に遺産分割事件を経験する弁護士が1人もいないことになります。
相続専門弁護士事務所として多くの相続事件を解決することで獲得したノウハウを、可能な限り公開します。
本サイトでの情報発信に加え、セミナーメディア出演書籍執筆などでも情報発信をしています。

東京永田町法律事務所

〒100-0014 東京都千代田区永田町2-9-8
パレ・ロワイヤル永田町706
TEL:03-5532-1112/FAX:03-5532-1113
9:00~19:00 土日祝日除く

PAGE TOP

提携パートナー不動産相続の弁護士

相続における不動産の重要性

不動産オーナーが、相続訴訟コンサルタントも、全てお願いできる陣容です。

櫻井 幸雄
住宅評論家櫻井 幸雄さくらい ゆきお
【近 著】
「妻と夫のマンション学〜50歳からの賢い購入術」(週刊住宅新聞社刊)
「儲かるリフォーム」(小学館刊)
「知らなきゃ損する!「21世紀マンション」の新常識」(講談社)

1954年生まれ。1984年から週刊住宅情報の記者となり、99年に「誠実な家を買え」を大村書店から出版。以後、多くの著書を送り出し、新聞雑誌への寄稿、コメント出しも精力的にこなす。2000年の文化放送「梶原放送局」を皮切りに、日本テレビ系列「ヒルナンデス」など、テレビ・ラジオに多く出演。
年間200物件以上の物件取材を行い、首都圏だけでなく、近畿圏、中部圏、福岡、札幌など全国の住宅事情に精通する。
現場取材に裏打ちされた正確な市況分析 、わかりやすい解説、そして文章のおもしろさで定評のある、住宅評論の第一人者。

弁護士・税理士 長谷川 裕雅
弁護士・税理士長谷川 裕雅 はせがわ ひろまさ
早稲田大学政治経済学部政治学科卒業
朝日新聞記者
長島・大野・常松法律事務所/DLAPIPER法律事務所
日系法律事務所北京事務所代表

外資法律事務所などでクロスボーダー案件を多数経験
大手金融機関などのセミナー講師。
個人富裕層に対する訴訟コンサルタント業務など。
各種メディアでの執筆連載。「磯野家の相続」「磯野家の相続税」(ともにすばる舎)「家族内ドロボー」(光文社)など相続関連や、ファミリービジネスにおける紛争を扱った著書多数。

不動産相続対談はこちら
©2014 不動産相続の弁護士 All Rights Reserved